緊急避妊薬のアフターピルは高い確率で避妊を回避出来ます。またアイピルなどのジェネリックは低価格で購入出来ます。

アフターピルとは?

アフターピルは避妊に失敗した場合、挿入後72時間以内に経口投与する事で妊娠を防ぐ効果があります。
アフターピル もちろん100%妊娠を防げるわけではありませんが、正確に使用する事で100%に近い99%の確率で避妊することができます。
その効果は性行為後から経口投与までの時間が早ければ早いほど上がっていき24時間以内になると妊娠するほうが難しいと言われていて、ほとんど妊娠することはありません。
72時間がタイムリミットと考えられており、時間を気にして使用する事で高い効果が発揮できます。

アフターピルの効果

時間内に経口投与する事で、アフターピルの主成分が女性ホルモンのバランスを乱し、排卵をずらしたり、受精したとしても子宮内膜への着床を伏せぐことで妊娠を防いでくれるのです。
もし排卵前に服用したのであれば排卵自体を遅らせ、排卵後の服用であれば着床を防ぎます。
その他にも精子が侵入をするのを邪魔したり受精の邪魔などの効果も考えられています。

一昔前まではヤッペ法という方法がメインとされていましたが、最近ではノルレボ錠を使用したLNG法を主流としており、副作用なども軽減され服用回数も1回で済むので負担も少なくなっております。
もちろんまったく副作用が無いわけでは無く、日常で服用するピルと比べれば比較的多いと考えておきましょう。

アフターピルの副作用

女性ホルモンを急激に変化させるので、女性の体がその変化についていけず副作用が出やすいと考えられております。
特に報告が多いのが、吐き気やむかつきで中には吐き気止めと一緒に服用する方もいらっしゃいます。
せっかく緊急避妊薬を経口投与できても2時間以内に吐いてしまっては服用の意味がありません。
しかしこれらの副作用は24時間たてばほとんどなくなると考えられており、24時間以上続くのはごくまれですので安心してください。
もし副作用がひどい場合や症状が継続するようでしたら病院や専門クリニックで専門医に相談してみましょう。

ノルレボのジェネリック

アフターピルは世界では一般的に使用されていますが、日本で認可されたのは実はごく最近の事であり、アジア諸国で国で認可されていなかったのは実は日本と北朝鮮のみだったのです。
アイピル 日本でアフターピルが認められるまでは、中用量ピルなどを用いた方法を取っており避妊率もアフターピルに比べれば高くなく、逆に副作用は多く報告されていました。
今現在日本で認可されているのはノルレボ錠で避妊率も高くそして副作用も軽減されました。
しかし海外では処方箋なしで購入できるのに、日本では病院で診断を受け処方箋が必要なのです。
さらにノルレボ錠は処方箋薬なのにすべて自費診療で保険が適用されないため1錠でかなり高額な値段となってしまいます。
病院やクリニックによっても異なりますが、大体1錠で10000円前後するので若い世代にとっては痛い出費となるでしょう。
この値段がネックとなり、購入に踏み込めないという人も中にはいらっしゃるかもしれません。

そこで知っておいてほしいのが、ノルレボにもジェネリック薬品があるということです。
ジェネリックとは元からある安全性や信頼性の確立されている医薬品の有効成分を使用し新たに開発された医薬品の事です。
元から使用されている有効成分を元に開発したので、コストが安く済み販売価格を非常に安くすることができるのです。
ノルレボのジェネリックで代表的なのがアイピルでインドの製薬会社シプラ社が製造、販売しています。
有効成分はノルレボ錠と全く同じなので、効能や効果も全く同じなのですが、値段はかなり安く1錠で1500円程度となります。

さらにアイピルは海外の医薬品ですので、海外からインターネットなどで購入することができます。
病院へ行かなくても日本国内と同じように通販で購入することができるので、診断料もかからずさらには誰にも知られないで手に入れることができます。
今現在ジェネリック薬品は日本でも医療費削減のために推進されており、さらにインドのジェネリックは国境なき医師団などで幅広く活躍しており信頼性が非常に高いのです。