緊急避妊薬のアフターピルは高い確率で避妊を回避出来ます。またアイピルなどのジェネリックは低価格で購入出来ます。

アフターピルとは?

アフターピル
望まない妊娠を差し止める「救世主」の薬です。 もし望まない妊娠をしてしまったケースにおいて、女性なら必ず考える選択肢でしょう。「出産」「中絶」「出産費用」「中絶費用」など、数多くあると思います。一般に出産までの費用は100万円と言われています。中絶に関してもクリニックにもよりますが、一般で30万円前後かかると言われている位です。きっと費用の事を考える女性がほとんどだと思います。

望まない妊娠というのはいわゆる「事故」であり、きっと望む妊娠とはかけ離れているでしょう。少なからず、妊娠をしたくてもできない女性も数多くいる事は事実です。妊娠できる事は女性にとって「幸せ」である事は確かです。しかし、思わぬ「事故」でこの先の展開を変わってくるので、しっかり自信で対策をする事が賢明と言えます。

そこで、救世主の「アイピル」を常備薬としてストックしておくと、不慮の事故にも対応する事ができます。車の運転でも一緒なのですが、万が一予期せぬ事故で人身事故を起こした場合でも自動車の任意保険「対人、対物」は無制限で保障され、言い方は非常に悪いのですが、普段と同じように生活が可能です。

気持ちの面ではそうはいかないと思いますが、実際の生活が崩れる事はありません。最悪のケースは保険をかけていない事により、3000万円以上かかる際は全ての面において身銭から消えていきます。今回は「自動車保険」で例えてみましたが、「万が一の保険、マストアイテム」として手元にストックしていると安心を買うことができます。

女性だけの問題ではない事は確かですが、自身をもっと大切にして欲しいというのが心情です。「我慢汁妊娠確立」のページで妊娠確立についてお話した様に、アフターピル効果は、挿入後72時間以内に経口投与する事で妊娠を防ぐ効果があります。もちろん100%妊娠を防げるわけではありませんが、正確に使用する事で100%に近い99以上%の確率で避妊することができます。

その効果は性行為後から経口投与までの時間が早ければ早いほど上がっていき24時間以内になると妊娠するほうが難しいと言われていて、ほとんど妊娠することはありません。体の構造上72時間がタイムリミットと考えられており、時間を気にして使用する事で非常に高い効果が発揮できます。

ここでは1錠1350円なので、非常に安い値段でアフターピルを購入する事ができます。アフターピル費用は自分を守る上で決して高くはない値段なので常備薬としてストックしておきましょう。

さらに紹介している通難サイト「お薬なび」では正規品のみを扱っているので、偽物の心配は絶対にありません。薬事法の関連で厳しく管理しており、アフターピル費用、アフターピル値段、安全性においても信頼度は国内屈指の海外医薬品通販サイトです。

→ アイピルを購入希望はこちら ←

アフターピルの効果

時間内に経口投与する事で、アフターピルの主成分が女性ホルモンのバランスを乱し、排卵をずらしたり、受精したとしても子宮内膜への着床を伏せぐことで妊娠を防いでくれます。

もし排卵前に服用したのであれば排卵自体を遅らせ、排卵後の服用であれば着床を防ぎます。その他にも精子が侵入をするのを邪魔したり受精の邪魔などの効果も考えられています。アフターピルを飲んだ後に吐き気が特徴なのですが、その吐き気に負けてしまい、せっかく飲んだアフターピルを吐き出してしまうと効果はありません。

体内で受精がすでに始まっていたとしても受精卵自体がを子宮に着床する事を差し止める。というメカニズムで妊娠するのを妨害します。体内の女性ホルモンのバランスを崩壊できていないという事態になり、避妊失敗という可能性が非常に濃厚です。失敗を避けるべくしての飲み方があります。市販などで車酔いや船酔いなどを和らげる薬を併用する事をオススメします。少なからず、吐き気は軽減する事は可能です。

一昔前まではヤッペ法※(性交後に制限時間:72時間以内に2錠、その12時間後に2錠飲む方法)という方法がメインとされていましたが、最近ではノルレボ錠※(性行後、制限時間72時間以内に2錠飲む)を使用したLNG法を主流としており、副作用なども軽減され服用回数も1回で済むので負担も少なくなっております。もちろんまったく副作用が無いわけでは無く、日常で服用するピルと比べれば比較的多いと考えておきましょう。

アフターピルの副作用

女性ホルモンを急激に変化させるので、女性の体がその変化についていけず副作用が出やすいと考えられております。特に報告が多いのが、吐き気やむかつきで中には吐き気止めと一緒に服用する方もいらっしゃいます。

せっかく緊急避妊薬を経口投与できても2時間以内に吐いてしまっては服用の意味がありません。しかしこれらの副作用は24時間たてばほとんどなくなると考えられており、又24時間以上続くのはごくまれですので安心してください。

アフターピルは早くて24時間~72時間でどんなに遅くても3週間内で出血があります。この出血は人工的な薬による生理で、『消退出血』といいます。自然に起こる生理と区別するべく、その呼び名となっています。実際にこの出血によって、妊娠を回避できた証拠としています。本当に稀ではありますが、3週間を過ぎてから診られないケースがあります。それは、直近の性行為ではなく、その前の性行為ですでに妊娠しているという事もありますので、早めに専門医に相談を要します。

アフターピル効果を利用して生理現象を人工的に発生させるので、自然周期でくる生理とは全く違い、体に対する負担は大きいです。しかしそれは等価交換と一緒で避妊効果を得るためにはそれ相当の代価(副作用)が必要になります。

もし副作用がひどい場合や症状が継続するようでしたら病院や専門クリニックで専門医に相談してみましょう。副作用においての注意すべき重要な事があります。喫煙者は非常に注意しなくてはいけません。

アフターピルを使用すると循環機能『心臓』に副作用の指摘があり、その場合は非常に危険な状態になる事があります。タバコを止めるのが一番良い方法だとは思いますが、喫煙者はタバコを吸っていない人が思うほど簡単に「では今から禁煙します」とはいきません。特に、大量に吸う人はなるべく本数をへらすのが最善策といえるでしょう。

ノルレボのジェネリック

アイピル アフターピルは世界では一般的に使用されていますが、日本で認可されたのは実はごく最近の事であり、アジア諸国で国で認可されていなかったのは実は日本と北朝鮮のみだったのです。

日本でアフターピルが認められるまでは、中用量ピルなどを用いた方法を取っており避妊率もアフターピルに比べれば高くなく、逆に副作用は多く報告されていました。今現在日本で認可されているのはノルレボ錠で避妊率も高くそして副作用も軽減されました。

しかし海外では処方箋なしで購入できるのに、日本では病院で診断を受け処方箋が必要なのです。さらにノルレボ錠は処方箋薬なのにすべて自費診療で保険が適用されないため1錠でかなり高額な値段となってしまいます。

病院やクリニックによっても異なりますが、大体1錠で10000円前後するので若い世代にとっては痛い出費となるでしょう。この値段がネックとなり、購入に踏み込めないという人も中にはいらっしゃるかもしれません。そこで知っておいてほしいのが、ノルレボにもジェネリック薬品があるということです。

「ジェネリック医薬品」とは、先発薬「ノルレボ」に対して後発薬「アイピル」という事です。先発薬のノルレボを世に出すために掛かった、研究費用、人権費、臨床実験等かかった費用が想像を超える金額になるでしょう。先発薬の医薬品は特許を取得しており、他の製薬会社が真似る事ができません。

そこで、その特許の効力がある内に、販売するまでに掛かった費用を回収しなくてはなりません。独占販売によって回収できた後に、「後発約のアイピル」が誕生しました。成分は一緒で形状(見た目)や味等をアレンジして販売されています。

ジェネリックは先発薬の成分を一緒にて、少しのアレンジで世に出てくるので、掛かったコストを先発薬に比べると約10倍の差がでてきます。それに伴いかなり安い値段で購入する事ができるようになります。平たく言うと、ジェネリックとは元からある安全性や信頼性の確立されている医薬品の有効成分を使用し新たに開発された医薬品の事です。ノルレボのジェネリックで代表的なのがアイピルでインドの製薬会社シプラ社が製造、販売しています。

ちょっとした豆知識ですが、インド共和国は実のところ「ジェネリック大国」で医薬品に関しては国の熱の入れ方が他国と異なります。あまり日本では知られていないのが事実です。上記でも話ましたが、有効成分はノルレボ錠と全く同じなので、効能や効果も全く同じなのですが、値段はかなり安く1錠で1350円となります。

さらにアイピルは海外の医薬品ですので、一般に海外からインターネットなどで購入することができます。病院へ行かなくても日本国内と同じように通販で購入することができるので、診断料もかからずさらには誰にも知られないで手に入れることができます。

今現在ジェネリック薬品は日本でも医療費削減のために推進されており、さらにインド共和国のジェネリックは国境なき医師団などで幅広く活躍しており信頼性が非常に高いのです。

アフターピル購入者の口コミ

20代女性 ★★★★★
私は、大学生なのですが彼氏がコンドームを使用したがらないので、仕方なく「外に出す」という条件で生でセックスをしています。彼が言うには「中に出さないから大丈夫」という事を常に口にしています。以前までは私も妊娠について軽く考えてしまっていて、この記事を読んで怖くなりました。彼の事は大好きで、この先結婚もしたいですが今妊娠をしていまうと、学生の私には無理です。できるだけ彼に答えたいので、常備薬として手元においています。できれば使いたくありません。

20代女性 ★★★★★
10代の頃に産婦人科でお世話になった事があります。その時はコンドームが破けてしまった事故でした。初めはしっかりしなさいと先生に怒られましたが、アフターピルを処方してくれました。これをのめば大丈夫だけど、「副作用は相当きついから我慢しなさい。」実際に副作用は今でも覚えています。かなりつらかったです。でも、妊娠する事にくらべると我慢できました。お金もけっこうかかったしきつかったです。今でもしっかり避妊をしてセックスしていますが、何があるかわからないので、常備薬としてストックしています。

10代女性 ★★★★
私はコンドームを付けたセックスは好きでじゃないので、やるときは生です。彼がたまに中出しを求めてくるので答えるときは、アイピルを使っています。友達が通販で買えると教えてくれたので、このサイトで買っています。親に内緒で手にはいるので金銭的にも助かっています。私は計画的に使っています。副作用もなれました!

20代女性 ★★★★★
不慮の事故という表現でよいのかわかりませんが、私はアフターピルを飲んで仕事に出た事があります。デスクワークなのでなんとか耐え切る事ができました。周りから一瞬で体調不良と判断される程顔色も変わりました。アフターピルを飲んでこんなんなっているなんて言えるわけないじゃないですか!どうにか平然を保ちながら、過ごす事ができました。結局次の日仕事を休みました。体力的、精神的にもつらかったです。彼も心配そうに翌日は付添ってくれました。友人が通販で購入しているからと譲ってもらいましたが、今は常備薬でおいています。備えは大切だと思っています。とにかく救われました。「救世主」は納得できますね。

→ アイピルを購入希望はこちら ←