現在では病院での処方だけでなく海外通販でもピルを購入することが可能です。こちらでは二つの入手法を比較しています。

病院処方と海外通販の比較

避妊目的やPMSなどの女性特有の症状の改善の為に、ピルを服用している方にとってネックになるのが、定期的な通院とその費用です。
病院処方と海外通販の比較 毎回同じメーカーの物を処方してもらって、特に問題がなければ診察もすぐに終わります。
しかし忙しい中でも、予約をとってクリニックに定期的に行かなくてはいけません。
これは、毎日きっちりと服用しなければ十分な効果を得ることが出来ないからです。
またクリニックで処方してもらうには、診察料など追加の料金がかかってしまいます。
そんな煩わしい事がなく、気軽に購入出来るのが海外通販です。

通販でしたら定期的にクリニックに行くことなく、必要な時に必要な分だけ購入することが出来るうえに、家まで配達してくれます。
時間指定すれば自分の都合の良い時に、届けてもらうことも可能です。
外国製でも安全には問題ないことが実証されており、副作用が少なく実際にクリニックで処方されているピルの数々も格安で販売されています。
実際に販売されているものの一部をご紹介します。

日本の産婦人科で実際に処方されることの多いトリキュラー、ヤスミン、マーベロンのジェネリック医薬品のノベロンや、マーシロンのジェネリック医薬品のフェミロンなどが販売されています。
価格は商品によって変わりますが、大体一箱21錠入りで、2000円程で販売されています。
これらは全て1周期分から買うことが出来ます。
日本ではピルを服用する習慣があまり浸透していませんが、他の先進国では風邪薬と同じような感覚でピルを購入することが出来ます。
通販で販売中の多くの商品はとても安価で、お店によっては送料無料というとってもありがたいサービスがあるところもあります。

また通販では低用量のみだけでなく、アフターピルの販売もしています。
マドンナやポスティノールなどが販売されています。
こちらは一箱に1~2錠入っています。
価格は一箱あたり1000円程度です。

支払いは通常の通販と同じように、クレジット決済や銀行振り込みから選ぶことが出来ます。
また大事な荷物は追跡可能になっており、自分で配達状況を知ることが出来ます。
またお願いすれば郵便局留めにすることも出来ます。
いざというときの為にほとんどの場合、損害賠償付きになっている事が多いです。
なので交通状況などで遅れることはあっても、荷物が手元に届かないということはけしてありません。
服用方法をしっかり守り、こういった買い物の方法でお得に購入してみましょう。